読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特撮美女!!①「アイアン マンシリーズ」のグィネス・パルトロウ

 女優というより、「セレブ」扱い

女優というよりいけ好かないセレブNO1として堂々君臨している彼女。とりわけ「アイアンマン」以降「女優の仕事よりブランドが大好きなギャル上がり」から「良妻賢母ぶってるのが鼻に着く」へシフトし、男から嫌われていた時期より更にディープに発言権のある女性たちに嫌がられるようになりました。しかし自分はフィットネスに励みながらもマニアックな食事法は取らず、家族の為に作っているゴージャスなレシピをブログに上げて叩かれても全然へっちゃらな最近の彼女の実質的な高感度はかなり高いと思いますが。少なくとも昔の「ワタクシ特別なことは何もやっていないんですのよ〜」な大女優の時代と現代では違いますから、その観点からするとグィネス・パルトロウという人のやり方はかなり賢い方かなぁ、と。(もっとも性根っからクソ真面目な性格の人だからこそできるのでしょうけど)で、そういうクソ真面目な女優さんの起用で大当たりしたのがこの映画シリーズです。

グィネスの「脱出シーン」は特撮映画史上に残ると思う

 「アイアンマン」といえば主人公トニー・スターク=ロバート・ダウニーJrあってこその映画で、本来特筆すべきはこの不遇だったクセモノ役者さんが、なんと40代のおっさんにして「ヒーロー」としてリニューアルされたことを讃えるべきなのでしょう。グィネスの方は原作漫画とは違って、トニーをちょっと憎からず思っている社長秘書というかなりハリウッド的にベタな役。彼女最初はいかにも漫画って感じのちょっとオレンジっぽい金髪で登場するのですがすぐに「いつもの正統派ブロンド美人」風に変わっちゃうわ、中盤グダグダな感じで「大人のロマコメ」みたく始まっちゃたりはしますが、なんといってもグィネス=美人秘書ペッパーの最大の見せ場はラスト近くのスターク邸からの脱出シーンでありまして、爆破スイッチを押したのか押さなかったのかよく解かんないけどやたら落ち着きはらってしかも超ハイヒールでお尻振りながら歩いて涼しい顔でトニーの前に現れるのさ。(しかもアイアンマンの方はボロボロという対比)これの一体どこが凄いんじゃという方は以前グィネスの出演したスカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー [Blu-ray]と比べて観てください。CG画面の迫力に負けず漫画のヒロインのように優雅に演技することがいかに難しいことか。女だてらにアクションするのとはまた別の強靭な筋力と技術、それとかつて「モンロー・ウォーク」が開発された時と同じくらいの女優の発想力がないとできないんです。おそらくマリリン・モンローほどの天才ではないグィネス・パルトロウは、いろんなフィットネスを試したり、マドンナと仲良くしたり、喧嘩したりしながら「スカイキャプテン・・・」の時の失敗を挽回しようと必死だったんだと思います。アイアンマンシリーズで「動くヒーロー漫画のヒロイン」を完璧に演った彼女はその後のアメコミヒーローもののヒロイン像をも変えましたし(大人の正統派美人こそがキャスティングされるようになった)、二十代でオスカー(主演女優賞)を取らせて正解だったねと業界筋のお偉いさん方もさぞかしホッとしたことでしょう。

 真面目で融通が利かない女優の毀誉褒貶
 
 スター女優として最初に抜擢されのがあの【初回生産限定スペシャル・パッケージ】セブン [Blu-ray]で、しかも共演した「ブラッド・ピットに振られた元カノ」として主に注目され始めたグィネス・パルトロウにはどうしてもなんかブリっ娘お嬢様のイメージが付きまとっておりました。私はいつも女優に神経質でめそめそしている演技を要求する(あのシガニー・ウィーパーにさえエイリアン3 [Blu-ray]でめそめそさせやがった!)デビット・フィンチャー監督の映画が嫌いなのでグィネスのことも最初まったく女優としての興味がなく、なんでいつもこの人「おどおどした泣きべそ顔」なのだろう、ちっとも美人じゃないじゃんと思ってたもんです。でもその割に日本の若い女の子には一貫して人気があり、それが男の洋画ファンをイラつかせる原因だったのかもね。本当に美形だったのかと感じるようになったのは結婚、出産後に顔つきが変わって穏やかになった「スカイキャプテン・・・」あたりからでした。本格的に女優としての評価も上がってきたのもどうやら結婚後みたいなのですが、ゴシップ的には「マクロビオティック骨粗鬆症になった」だの「やたら他のセレブ有名女性たちと喧嘩する」だの「仮面夫婦?」・・・とトピックがやたら多い。おかげで成熟期にある映画での活躍があまりフューチャーされないのが残念ではあります。ハナシは変わって最近日本ではパンケーキ(ホットケーキ)がブームだそうですが、本場じゃ今や小麦粉のグルテンが悪者扱いされ始めていまして「普通にグルテンが入ったもちもち触感のパンケーキ」なんぞセレブは食べないんだそうです。だから普通にブルーベリーソースのパンケーキを作ってくれる「古風な女性」は貴重だよ、きっと。もちろんその裏ではすんごい筋力トレーニングして、ブランド三昧のお嬢様主婦のルックスからは想像つかないほど喧嘩大好きでかなりのおヒスちゃんだったとしてもね。(アイアンマン3 ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]ではいよいよアイアンスーツの中に入っちゃたようです、そんなに強くなっても「心配性の奥さん」演技のままなのでしょうか?)